MENU

身長が伸び悩んでいる子ども。身長を伸ばすには、どうしたらいい?!

  

子どもの身長

 

外見がすべてではありませんが、自分の子供の身長が、他の同年代の子よりも低いのは気になるものです。

 

また、体が小さく、ひ弱に見えてしまうのも、将来的に大丈夫なのかと不安でなんとかしたくなってしまいますね。

 

学校でうまくやれているのか、という日常生活の交友関係まで気になってしまいます。

 

それに、職業によっては、最低身長が定められているのもあります。身長という点で、なるべく進路を狭めたくないものです。

 

親としては、できる限りのことはしてあげたいですね。

 

それならば、まずは身長が伸びない原因や対策を見てみましょう。原因を見ていったあとには、対策としてサプリメントを中心におススメしています。
(子どもでも安心して飲める、お墨付きのものです。)

 

 

身長が伸びない原因とは?

栄養バランスが偏っている。

 

現在の子供は好き嫌いが多く、アレルギー体質も多い。必要な栄養素がまんべんなく取れる食生活は難しくなっている。

 

野菜を作る土壌も、大量生産に重点を置いて作られているため、昔と比べると栄養価が低下してしまっている…。

 

普段食べる食材が精製&加工されすぎていて、栄養が欠けている。

 

昔、白米が市場に出回る前は、玄米を主に主食に食べていました。

 

そのため、江戸時代に白米に切り換わってからしばらくは、ビタミンB不足のために、脚気(かっけ)という病気が増えてしまったのです。

 

江戸時代では、食べ物の種類が少なかったために、玄米からさまざまな栄養を取っていたのですね。

 

油についても、昔は地域ごとに、職人が搾って作った新鮮な油を売り歩いていました。

 

もちろん、余計な添加物の入ってない油なので気を付けて保存してても1週間ほどで腐ってしまいます。

 

今では常温に置いていても腐らないようにするため、身体に良い栄養素であっても、腐る可能性があれば取り除き、精製されたあとに、防腐剤や酸化防止剤などの添加物が入ります。

 

なので、普通に手作りの食事を摂っていたとしても、何かの栄養素が不足している可能性は十分にあります。

 

 

カルシウムだけでは骨は成長しません。

 

よく、牛乳を飲めば身長が伸びるということを聞きます。カルシウムを摂って骨を成長させようという意味なのでしょうが、牛乳だけ一生懸命飲んでもムダです。

 

子どもの成長には、カルシウムだけではなく、他の栄養素や要因も関係しているからです。

 

それに骨だけ成長させても意味はないですね。筋肉についても成長させる必要があるからです。

 

それには、やはりバランスの良い食事が一番。

 

牛乳が嫌いで飲めない、牛乳アレルギーがある、乳糖不耐症で牛乳を飲むとお腹を壊してしまうという子でも、食事をバランスよく食べることで、カルシウムや他の成長に必要な栄養素を摂ることはできます。

 

 

共働きが増え、毎食ちゃんと作る余裕もなくなった。

レトルト食品や外食(ファーストフード等)、お弁当で済ませることも多くなってます。

 

  • 子どもが野菜嫌い。
  • 肉ばかりを食べてしまう。
  • 間食でお菓子などを多く食べてしまう。

 

睡眠の質が悪い。

睡眠が浅いと成長が遅くなる

 

「長時間寝ていても眠りが浅ければ、睡眠不足に。」

 

子どもの睡眠時間は、以下が理想と言われています。

 

  • 1〜3歳 ⇒ 12〜14時間
  • 4〜6歳 ⇒ 10〜13時間
  • 7〜12歳 ⇒ 10〜11時間
  • 13〜18歳 ⇒ 8〜9時間

 

スクスクのっぽくん身長データより抜粋
http://www.suku-noppo.jp/data/sleep_time.html

 

しかし、正確にいいますと睡眠時間は個人差があり、何時間以上寝るのが正しいというのはありません。

 

やや短時間睡眠でも、日中ハツラツとしていて顔色が良く食欲もあるのなら、深い睡眠を取っているとみて問題にしなくてもいいでしょう。
(ショートスリーパーの体質は、睡眠が短い代わりに食欲が強いなど見られます)

 

大事なのは眠りの深さです。寝つきの良さや、朝スッキリ起きれているかで判断してみてください。

 

入眠時間も関係ありません。

 

よくゴールデンタイム(夜10〜深夜2時)の睡眠中には、成長ホルモンが多く出るという説がありますが、時間帯ではなく眠りの深さが一番関係しています。

 

そうはいっても一般的に早寝早起きするほうが、学校での日中の生活は送りやすいので、ゴールデンタイムを目安に入眠時間を促すのは、ほぼ正解でしょう。

 

 

運動不足

 

骨や筋肉をほどよく成長させるためには、身体を動かして運動することが大切です。

 

外で運動を適度にすることで、夜に寝つきが良くなり、睡眠の質を高くすることにもつながります。

 

運動にはストレスを緩和する働きもあるので、室内で勉強ばかりしている子ども、室内でおとなしく遊んでいる子どもの発育が悪いのなら、運動する機会を自然に作ってあげるのも良いでしょう。

 

本人が入りたがっていれば、学校で運動関係の部活に入るのも成長にとって良いことです。

 

 

遺伝は影響するが、すべてではない。

 

昔よりも栄養状態が良くなったため、日本人は全体的に平均身長が高くなっています。

 

なので、親の身長が低いからと言って、必ずしも背が低いままとあきらめるのは早いですね。

 

身長を伸ばす努力をすると、親以上に身長が伸びるケースも多いので、できることからはじめると良いでしょう。

 

 

家庭内の愛情が足りない

 

子どもが親から受けている愛情が足りない、と長期間感じると、身長があまり伸びないといったことがおきます。

 

これを、「愛情遮断症候群」といいます。ストレスによって成長ホルモンがあまりでなくなって、低い身長のままになってしまうのです。

 

栄養や睡眠、運動など、その他の要素が足りていても、愛情が不足していることで身長が伸びません。

 

これは、虐待や夫婦仲の悪さなど、家庭環境が居心地が良くないことも関係します。

 

伸び伸び成長してもらうには、家族の愛情や、ストレスの少ない環境がとても重要です。

 

 

成長ホルモンの出が悪い

 

思春期を過ぎてからでは、ぐんと伸びる確率は低くなっていく

 

個人差がありますが、平均して男の子は声変わりが起こってから、女の子は初潮がはじまってからが、骨の成長はほぼ止まります。

 

大人の骨になってしまうので、伸びしろが少なくなっていくのです。成長ホルモンが大量に出るのがストップしてしまうのです。

 

骨を人為的に折って、背を伸ばす手術もありますが、後遺症が残る確率が高くなり、デメリットが多いのでおすすめしません。

 

 

病気

 

身長を伸ばすホルモン治療は高くて、特定の病気の診断を受けた子しか助成金が降りません。

 

地域によって、全額助成金が降りてくるところもありますが、治療を受ける側が一部負担することもよくあります。

 

子どもの体重によって治療費の負担額は変わります。

 

目安として、1ヶ月間の治療費、保険適用で3割負担の場合

 

体重×1万円×0.3 = 治療費負担額

 

となります。

 

3割負担でも月に約5〜10万円ほどかかってしまいます。しかも、指定された身長(男子156.4cm、女子145.4cm)を超えると、助成金は降りなくなります。(2016.2月時点)

 

一部負担でも高額になり、全額負担だとさらに治療費用が跳ね上がり、支払いができない家庭が多いので、たとえ病気でも治療が受けられず、低い身長のまま一生を過ごす人が多いのです。

 

治療を受けるにしても受けないにしても、栄養バランスのとれた食事に関して気を配らなければ、身長をほどよく伸ばすことはできないでしょう。

 

 

基本的には栄養を重視する

 

戦後、日本人の平均身長は男女ともに急激に伸びました。

 

いろいろ変化があったもののなかから、一番の理由は食の欧米化が上げられています。

 

質素な食事から、いろいろな種類の食材が増えて、おなかいっぱいに食べれれる人が多くなり、栄養バランスについて考えられた食事を摂ることが増えたからでしょう。

 

しかし、平均身長は伸びたものの、ガンなどの生活習慣病が増えたり、アレルギー疾患を持った子どもが増えたりなどの悪影響も出るようになりました。

 

病気はなくとも、昔と比べて、キレやすい子どもや落ち着きのない子ども、活力がない子どもというのも増えています。そしてそれは、栄養バランスも深く関係しているのです。

 

栄養バランスを整える、ということは身長を伸ばすことだけではなく、健康を維持し、精神的にも肉体的にもすこやかに成長を促すことになります。

 

 

栄養素に重点を置いた対策は、子ども用の健康食品(サプリ)がおススメ

成長サプリメントで重視したい部分は?

 

サプリメントは、あくまで足りない栄養素を補うものとして考えましょう。

 

毎日飲んでいるから、3度の食事はテキトウで大丈夫!という意識では、摂取したせっかくの栄養素が活躍できません。

 

食事をバランスよく摂ることを意識したうえで、食事で足りてない栄養素をチョイスした健康食品を選ぶと良いでしょう。

 

何が足りてないかは、健康食品の原料・成分を確認し、普段の食生活を想像しながら決めます。

 

お子さんと一緒に選ぶのも1つの方法ですね。結局、飲みたいというものしか継続できませんので。

 

 

子どもが親の愛情を感じる。

 

子ども自身が身長の低さを気にしている場合は、親が成長サプリを買ってくれることで、親の愛情を感じてストレスが軽減します。

 

子どもが身長を気にして欲しがっているのに、お金がないからと言って、1度も買わないでいるのは、大事にされなかったという思い出が残るかもしれません。

 

食べ物だけが、子どもの栄養素じゃありません。

 

1度お試しを買ってみて、ダメなら親が代わりに飲むこともできます。(子ども用の成長サプリは、大人の健康や美容にも良いのです)

 

逆に買うことでプレッシャーを感じる子もいますので、その場合はケースバイケースで対応していきましょう。

 

 

安心して飲める、身長サプリメントのランキング

 

 
アスミールの特徴

体への吸収率の良いトリプルカルシウムを配合。



ビタミン類や鉄分もたっぷり配合され、魚嫌いな子どもにもピッタリのDHAを配合。

身長だけではなく、集中力や記憶力もサポートします。

注目の原料&成分

亜鉛、プラセンタ、アルギニン、魚骨焼成カルシウム、胡麻ミネラル、ドロマイト、CCP、ビタミンD、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB類、葉酸、DHA

NP手数料・代引き手数料無料。今なら専用シェイカープレゼント。(初回限定)
※定期コースは3回以上のご継続が条件です。

こんな親子におすすめします。


  • 子どもが大きく育ってほしい。

  • 栄養がバランスよく取れているか不安。

  • 少食で、好き嫌いも多い。

  • 小柄で周りの子と比べて不安になってしまう。

  • カルシウムが足りていない。

  • 牛乳と混ぜて飲むタイプが欲しい。



価格 一般価格4,102円(税抜)⇒ 初回お届け分(1袋)2,050円(全国送料無料、税抜)。※2回目以降は10%OFFの、3,686(税抜)円
評価 評価5
備考 目安量 ⇒ 1日1杯。ココア味。
 
 
プラステンアップの特徴

「中学生・高校生向けの成長サプリメント」



プラステンアップは、10代半ば〜10代後半に不足しがちな栄養素を詰め込んだサプリメント。

18種類のアミノ酸をはじめ、コラーゲン、カルシウムを配合。

スピルリナは、50種類以上のビタミン、ミネラル、アミノ酸などを豊富なバランス栄養を含んでいます。

さらに、α-GPC、クワンソウを配合。α-GPCは成長を、クワンソウは休息をサポートします。

伸び悩んでいる中高生のラストスパートのための成長サプリメントです。

注目の原料&成分

カルシウム、コラーゲン、クワンソウ、スピルリナ、α-GPC、アルギニン、オルニチン、シトルリンなど。

こんな親子におすすめします。
  • インスタント食品やファーストフードなどをよく食べる。
  • 子どもは、健康ですくすく育ってほしい。
  • 朝食を抜いてしまう。
  • 他の子どもより、栄養素が足りてないんじゃないかと気になっている。
  • 緑黄色野菜やビタミン、ミネラルなどが不足していると思う。
  • 食物繊維が足りてないと感じる。
  • コンビニ弁当や外食を利用することが多い。
  • 中学生〜高校生で伸び悩んでいる。

価格 初回限定1,980(送料無料)円
評価 評価4
備考 目安量 ⇒ 1日スプーン1杯を水か牛乳に溶かして飲む。特におススメ年齢(中学生〜高校生まで)。レモン味。
 
 
フィジカルBの特徴

スピルリナやカルシウムが含まれた子ども用の健康食品。



水に溶かして飲むグレープフルーツ味だから、スポーツドリンク感覚で飲めます。

錠剤タイプや牛乳に溶かして飲むのが苦手なお子さんに。

注目の原料&成分

スピルリナ、骨焼成カルシウム、難消化性デキストリン、酸化マグネシウム

※1回でも休止・中止OK。※シェイカープレゼント。
※初回購入の方限定 ⇒ 30日間全額返金保証。

価格 1か月分:通常価格9,960円 ⇒ 【送料無料】定期価格4,980(毎月半額)円
評価 評価3.5
備考 目安量 ⇒ 1日1杯。グレープフルーツ味。
 

 

子どもにサプリメントをおススメな理由

 

子どもの成長には、栄養、運動、睡眠が大事。それにプラスして、ストレスを感じさせないことも大事です。

 

健康的に成長しないと意味がないと感じる親御さんへ、ご検討してはいかがでしょうか?

 

栄養素は脳の働き、学校の成績にもつながります。アレルギーや少食で十分な栄養が摂れないお子さんへも。

 

 

気になる栄養素コラム

 

牛乳は身体に悪いのか?

 

成長期には必要。赤ちゃんの粉ミルクの原料にもなっている。ただ、カルシウムなどの栄養素は他の食品からも取れるので、子どもに飲むことを無理強いするのは良くないですね。

 

ただ、他のカルシウムが含まれている食品も食べないとなると、カルシウムが足りているかどうか?不安になることもあるでしょう。

 

どちらかというと、牛乳や乳製品に含まれているカルシウムだけではなく、成長ホルモンのほうが身長を伸ばしているという結果も出ています。。

 

  
更新履歴