MENU

ドクターセノビルは高校生でも間に合う?

  

アスミールを飲もうかなと思っている女子高生

 

ドクターセノビルは成長応援ドリンクです。ですが、成長期っていつまででしょう。

 

高校生でも間に合うのか、調べてみました。

 

成長を気にし始めるのって、いつごろなの?

 

お子さんが「人より小さい」「成長期、もしかして終わってるの?」と焦るようになるのは、高校生になってからです。

 

中学のころまでは、自分にはまだ成長期が来ていないだけかもしれない、と思っていたお子さんは、高校になるとさすがに焦り始めます。

 

お子さんだけではありません。保護者の方もそうだと思います。

 

いつかは伸びると思っていたのに、気づけば周りはみな自分の子よりも大きく、お子さんの成長期はどうやらちょっと伸びて終わってしまったのかもしれない…

 

成長の目安になる骨端線が閉じてしまうのは、16歳〜17歳といわれています。もちろん個人差はあります。

 

高校になっても背が伸びないと、お子さんはだんだん自分に自信を失ってしまうかもしれません。

 

「そのうち伸びるんだ!」と自分に期待していたのに、もしかしたらもう伸びないと思ってしまうのは、自信喪失につながってしまうかもしれません。

 

成長期が終わってしまう子もいる高校生に、ドクターセノビルは効果があるのでしょうか。

 

中高生応援サポート飲料【プラステンアップ】はこちら。

 

効果ありという口コミがあります

 

公式サイトには、高校生でも効果があるという口コミが2件掲載されています。

 

女の子が1件と、男の子が1件です。女の子は17歳、男の子は16歳の例ですが、2人とも親の身長を抜く大きさになっています。

 

飲み始めのころの写真はないので比べられませんが、男の子は3か月ほどで身長が伸び始めたそうです。

 

女の子には具体的な月数は書いてありませんが、「続けているうちに面白いように成長した」という記載があります。

 

高校生のお子さんでもドクターセノビルは効果がある子がいる、といってよさそうです。

 

成長の速さには個人差があるので、中学生で止まってしまう人もいれば高校生でも伸びる人もいます。

 

大学生でもわずかですが伸びる人はいるようです。

 

わずかでも伸びるチャンスがあれば、それを生かしてあげたいという人にも喜ばれている様子です。

 

ドクターセノビルだけで背は伸びる?

 

成長ホルモンを分泌させるのに必要なアルギニンをたくさん配合しているドクターセノビルですが、これだけでは成長ホルモンを分泌させるのには少々問題があります。

 

成長ホルモンが分泌されるのは、寝てから2時間ほどの熟睡時間中だといいます。

 

寝る前にスマートフォンやパソコン画面などのブルーライトを見たり、細かく絶えず明滅しているテレビの画面などを長時間見ていたりすると、熟睡しにくいことがわかっています。

 

熟睡できないと、成長ホルモンは十分に分泌されませんので、ドクターセノビルの効果にも限界があるのではないかということが考えられます。

 

熟睡するためには、適度な運動も必要です。体を使って心地よく疲労して眠ることが成長期には必要です。

 

また、成長ホルモンの分泌にかかわり、骨を伸ばす栄養素はアルギニンだけではありません。

 

アルギニン以外にもたくさんの栄養素が入っているのがドクターセノビルですが、体を作る栄養はたくさんの栄養素が相互作用しあっています。

 

骨の原料になるカルシウムをたくさん摂っても、カルシウムを排泄してしまうリンをたくさん摂ってしまったらカルシウムを摂った効果はなくなってしまいます。

 

リンはインスタント食品やレトルト食品、スナック菓子などの加工食品にたくさん含まれています。

 

栄養バランスの取れた食事と、適度な疲労感を生む運動、そして熟睡できる生活環境が成長を助けます。

 

ぜひ、ドクターセノビルを飲むのと一緒に、生活習慣も見直してみてください。

 

ドクターセノビルがお得に買えるページはこちら。