MENU

GH-Creationで身長は伸びた?副作用や口コミ情報

  

GH-Creation

 

GH-Creationは3か月の返金保証がある成長応援サプリメントです。

 

網羅年齢が30代前半までという驚きの長さを持ちます。

 

30代まで本当に身長が伸びるのかどうか、成分や副作用、口コミなどについても調べました。

 

スポンサーリンク

30代まで背は伸びるのか?

 

理論的に言うと不可能だと思います。

 

身長は骨が成長する間しか伸びません。

 

骨の両端から軟骨組織が作り出され、そこにカルシウムやマグネシウムが吸着していくことによって骨は伸びていきます。

 

軟骨組織が作り出される骨端線は、成長期の終わりとともにふさがります。

 

成長期が終わる=骨端線が閉じる という言い方をしますが、骨端線が閉じてしまうのは個人差がありますが一般的には16歳〜17歳と言われています。

 

人によっては20歳くらいまで骨端線が閉じないことがありますので、20歳くらいまでは身長が伸びる可能性が残されていることになります。

 

GH-Creationが「30代前半まで大丈夫」というのは、GH-Creationの考え方として「成長ホルモンが高い水準で分泌されている間は身長は伸びる」というものがあるからです。

 

本当に成長ホルモンが高い水準で分泌されている間は身長が伸びるのかどうかについては、医療に基づいたデータを見つけることができませんでした。

 

現代の考え方ではあまり「成長ホルモンの分泌が高いうちは大丈夫」というような考え方は一般的でなく、「骨端線が閉じてしまったら、また開くことはない。一度固くなり切ってしまった骨端の表面から軟骨組織が育つことは考えにくい」という考え方が主流なようです。

 

成長ホルモンはいつまで分泌されるの?

 

一生分泌されます。成長ホルモンは10代前半から10代後半までの思春期にピークを迎えます。

 

その後、加齢と共に現象はしますが、成人後も分泌されます。老人になっても一定量が分泌されます。

 

成長ホルモンという名前がついているので、身長が伸びるためのホルモンと誤解している方も多いのですが、成長ホルモンは筋肉の修復や傷ついた組織の修復等にも使われるホルモンなので、これが不足することはさまざまな不調を体に呼び起こします。

 

ですから、成長ホルモンを正常に分泌させる努力は思春期で終わりにしないほうがいいのも事実です。

 

成長期に成長ホルモンが分泌されると、それは筋肉の成長や骨の成長に使われることが多いのは事実です。

 

ですが、成人後の成長ホルモンの役割としては、心臓系の疾患のリスクを減らしたり体脂肪の増加に歯止めを掛けたりということに使われることがほとんどで、成長に関連するというデータはありません。

 

「30代前半まで可能」とは言っていますが、実際に20代を過ぎると身長の伸びを期待することは望み薄になってしまうのではないかと思われます。

 

スポンサーリンク

GH-Creationに含まれる成分

 

GH-Creationには次のような成分が配合されています。

 

  • 食物繊維(デキストリン)
  • コラーゲン含有ミネラル複合体
  • 卵黄タンパク質加水分解物(ボーンペップのことかと考えられます)
  • ステアリン酸カルシウム
  • 珊瑚カルシウム
  • 二酸化ケイ素
  • BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)
  • アルギニンなどの必須アミノ酸

骨を作る軟骨組織のもとになるのはコラーゲンです。

 

コラーゲンの主原料はタンパク質なので、タンパク質であるランプタンパク質加水分解物を配合しています。

 

また、コラーゲンを生成するのに役立つミネラルを吸着させたコラーゲン含有ミネラル複合体により、コラーゲンの生成を促していきます。

 

成長ホルモンの分泌をサポートするといわれるアミノ酸類も配合しています。

 

BCAAはスポーツをやっている方はよく名前を聞くアミノ酸かと思いますが、これは筋肉の修復などに使われることの多いアミノ酸です。

 

栄養不足の状態で生活していると、運動などをした際の筋肉の修復などにアミノ酸を使ってしまいます。

 

そうなると成長に回す分がなくなるという考え方があり、体内で失われやすいアミノ酸を配合してある成長応援サプリメントはたくさんあります。

 

カルシウムも2種類配合されていますが、カルシウムは大変吸収率の悪い成分です。

 

違うタイプのカルシウムを組み合わせることにより、吸収率を高める工夫が行われています。

 

GH-Creationの副作用

 

GH-Creationに含まれている成分の中には、何か副作用を起こす心配のある成分はありません。

 

過剰に摂るとどの成分も過剰症を起こしてしまう危険性はあるのですが、通常量を守っていれば過剰症を心配する必要はありません。

 

GH-Creationの口コミ

 

GH-Creationの口コミをネットから探してみました。

 

良い口コミ

 

「19歳ですが、3か月で1.5センチ伸びた」

 

「17歳。9ヶ月で8センチ伸びた。それ以降も少し続けたが、伸びなかったのでこれでおしまいかと思ってそこでやめた」

 

「17歳。半年で13センチ伸びました。食べ物と睡眠は大事にして、食事も肉や大豆製品などタンパク質を多めに摂った。」

 

悪い口コミ

 

「保証期間中はレポートを提出しなければならない。保証期間に満足がいかなかったら全額返金ということなので仕方がないかとは思ったが、結構めんどくさかった」

 

「19歳で半年で2センチ伸びたが、その間睡眠を多めに摂り、布団の中で朝晩必ずゆっくり伸びをするようにしたり、縄跳びをしたりした。なので、この伸びがgh creationによるものかどうかは分からない」

 

「31歳で半年で2センチ伸びた。腰痛で整体にも通っていたので、もしかしたら骨盤を矯正してもらって身長が伸びたのかもしれず、何とも言えない」

 

身長の伸びを栄養だけでは語れません。ほかにもたくさんのアプローチがあります。

 

同時並行したことで効果がよくわからなくなったり、相乗効果があることもあるようですね。

 

スポンサーリンク

身長を伸ばすために必要なこと

 

15歳まで

 

成長期に差し掛かる前、骨端線が本格的に閉じてしまうまでまだ少し余裕のあるこの時期は、成長の準備をすることができる時期です。

 

充分な栄養、質の良い睡眠、適度な運動を心がけましょう。

 

消耗しすぎる運動をしている人は、その分栄養が体の修復に摂られてしまって不足する傾向があります。栄養は十分に摂るようにしましょう。

 

質の良い睡眠とは、「熟睡できる睡眠」ということです。

 

深い眠りの時に成長ホルモンは分泌されることがわかっていますので、浅い眠りだと十分に分泌されません。

 

睡眠不足はストレスにつながることがあります。ストレスも成長ホルモンの分泌を妨げる要因です。

 

18〜19歳まで

 

個人差はありますが、骨端線がどんどん閉じてしまう時期です。

 

骨端線は閉じてしまうともう開くことはないという説が主流です。

 

この時期は即戦力になる栄養の摂取と、適度な運動、そして何よりも充分で深い睡眠をとる工夫もしましょう。

 

就職や大学進学などで生活が一気に不規則になる時期です。

 

夜遊びもほどほどにしないと、可能性を発揮しきれなかったまま骨端線が閉じてしまった…ということにもなりかねません。

 

一人暮らしを始める人は食生活も一気に乱れます。

 

このころまでにきちんと栄養に対する知識を持って、バランスのよい栄養をとれるようにしておきましょう。

 

20歳〜

 

成長ホルモンのピークは終わりました。

 

これ以降身長を伸ばそうとするときは、姿勢を正しくして本来の骨の長さが詰まってしまっているた状態を回避することです。

 

デスクワークの多い方、決まった姿勢を取ることが多い肉体労働をする方など、仕事の形態は様々ですが、10代の頃よりも決まった姿勢を取ることが多くなるため骨と骨の間が詰まってしまっている状態になることがあります。

 

すると、骨の本来の長さが発揮されません。

 

猫背を直しただけでも、O脚を直しただけでも身長の計測値は伸びることがほとんどです。

 

忙しい毎日だからこそ、姿勢を正しくして、本来の骨の長さを発揮できるよう気を付けていきましょう。

 

スポンサーリンク