MENU

筋トレすると背が伸びなくなる?

  

筋トレして筋肉がついてしまうことによって「身長が伸びなくなるのでは」という説もあるようです。筋トレと身長の関係をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

筋トレすると身長の伸びが悪くなる?

 

筋トレの種類によって、身長の伸びは良くも悪くもなると考えられています。

 

身長の伸びが良くなる筋トレとしては、全身を使う全身運動が良いようです。

 

ウェイトのように、限られた関節だけを使うものではなく、全身を動かす筋トレならば成長ホルモンの分泌を促進し、よりよい成長のサポートにつながることがあるようです。

 

悪くなる可能性がある筋トレは、限られた関節しか使わない筋トレ(ウェイトトレーニング)やオーバーワーク(過剰すぎる筋トレ)です。

 

成長過程の骨や筋肉は未完成な分ダメージを受けやすいという特徴があります。

 

特に関節部分は骨端線が軟骨組織を作り出している途中なので、筋トレそのものが骨格や関節に負荷をかけてしまうと、成長そのものに悪影響を与えてしまう恐れがあるのです。

 

単純に、伸びにくくなるということだけではありません。成長期の柔らかい骨と関節にダメージを与えてしまうということは、オーバーユース症候群と言ってスポーツ障害のひとつを起こしてしまう可能性が高まります。

 

成長期は神経系統が発達する時期なので、筋トレよりもむしろ神経系統のトレーニングのほうが重要視されるのは、過度な筋トレはリスクもはらんでいるからなのです。

 

成長期前は筋トレよりも全身運動

 

サッカーのユースでも、U-12は神経系統のトレーニングが主流です。

 

フィジカルを鍛えるために筋肉をつけ、体をがっちり作るのは早くてもU-15以上、高校生年代のトレーニングです。

 

幼少期は筋トレよりも反射神経や運動神経を鍛えるためのトレーニング、高校生からは当たり負けしない体を作るために筋トレや持久力トレーニング、大学年代で心肺機能を高めるためのトレーニングを加え、トータルで強い体を作るというのが最先端のトレーニングです。

 

お子さんの運動機能を高めたかったら、成長期前は筋トレよりも神経系統を鍛えることができる全身運動や反射運動を中心に行う方がおすすめです。

 

スポンサーリンク

筋トレで背が伸びることはあるか?

 

目的が「背を伸ばす」ことであれば、筋トレの種類によっては返ってよい効果をもたらすと言われているものもあります。

 

それは、スクワットやプッシュアップなど、複合関節種目と言われる、数か所の関節を同時に使う種類の筋トレです。

 

オーバーワークにならないよう、種目は限定したほうが良いかもしれません。

 

膝、肘など特定の関節だけに負担をかけるようなものでなければ、筋トレは全身運動としてかえって骨に刺激を入れることができます。

 

骨に縦方向の刺激を入れることによって、骨が軟骨組織を作り出す働きはサポートできるといいます。

 

筋トレだけで背は伸びません

 

ただし、絶対に筋トレだけで背を伸ばそうとは考えないようにしてください。

 

背を伸ばすことだけを考えた場合、筋トレよりもむしろバレーボールやバスケットボールなど、ジャンプの動きがあるスポーツを適度な強さで行う方がよいのです。

 

「これ以上無理」という段階まで決してやらないようにしましょう。関節への負荷につながることがあります。

 

また、食生活も注意が必要です。

 

軟骨組織を作り出すためのタンパク質や、成長ホルモンを作り出すアミノ酸がきちんと働けるためのビタミン・ミネラル類などを適量取らないと、どんなに運動しても体の成長には悪影響です。

 

スポーツをしているお子さんは、スポーツをしていないお子さんよりも取らなければいけないカロリーや栄養素が多くなります。

 

消耗した分だけを足すのではなく、消耗した分に成長する分のエネルギーをプラスする必要があるからです。

 

筋トレ好きのお子さんには、筋トレだけでなく全身運動も促すようにして、成長期の身体をサポートしてあげましょう。

 

スポンサーリンク