MENU

中学生の身長を伸ばす方法をチェック

  

女子高生の後ろ姿からみる身長

 

身長を伸ばすためにはよく食べること、適度に運動すること、しっかりと寝ることが必要になります。

 

よく耳にする言葉ですがそれぞれにポイントがあります。

 

スポンサーリンク

食事はタンパク質をしっかりと摂取することが、重要になります

 

日本人の平均身長は年々増加していますがこれは食事の欧米化にともなってタンパク質の摂取量が増加したためと言われています。

 

世界各国の8歳児の平均身長を比較すると、平均身長は一日あたりに摂取しているタンパク質量に比例するデータもあります。

 

先進国と途上国では平均身長が10〜20センチ以上高くなっており、経済が豊かな地域ほど肉や魚、乳製品などタンパク質の多い食事を摂れることが要因となるようです。

 

タンパク質を摂取するには牛肉・豚肉・鶏肉などの肉類や魚介類、卵、牛乳やチーズなどの乳製品、とうふや納豆などの大豆類から摂取できます。

 

卵は成長期であれば一日に4個程度食べても大丈夫です。

 

本格的に取り組むのであればホエイプロテインを間食や就寝前、運動前後に飲めばタンパク質をしっかりと補給できます。

 

その際に牛乳で割ることでタンパク質の摂取量を上げることもできますし、オレンジジュースなどで割れば吸収を早くすることもできます。

 

適したタイミングでプロテインを割る飲み物を変化させればより効果は上がりやすくなります。

 

中学生になるとお腹がすくとついついコンビニやファーストフード店で菓子パン、おにぎり、スナック菓子、ハンバーガーなど口にしやすくなりますが、そればかりを食べていても糖質や脂肪を中心に摂取することになるのでタンパク質は摂取できません。

 

日々の生活の中でしっかりとタンパク質を摂取できる食生活を確立することが重要になります。

 

体質的に胃腸が弱い人であればゆっくりとよく噛んでおいしく食べることを続けるといいでしょう。

 

1日3食にこだわる必要もなく、間食の回数を増やしてこまめに栄養を補給していけば1日のタンパク質総摂取量は確保できます。

 

また腸内環境を整えることで消化がスムーズになって食べたものがどんどん栄養になったり、排便が快調になります。

 

腸内環境を改善するにはヨーグルトや繊維の多い野菜やイモ、豆類、納豆や味噌、キムチ、漬物などの発酵食品がおすすめです。

 

1日につき体重1キロあたり2グラムのタンパク質の摂取が目安になります。

 

それ以上多く食べても胃腸で消化吸収しきれずに、排出過程で内臓に負担をかけることになるので注意してください。

 

家族の人や食品分析表などで勉強すればカロリー計算も簡単にできます。

 

なお、プロテインについては1度に多く摂るよりもこまめに間食や夜食で少しずつとるほうが効果があがりやすくなります。

 

中高生応援サポート飲料【プラステンアップ】

次に大事な要素が運動になります。

 

勉強や室内でのゲームに夢中になるのもいいですが、身長を伸ばしたいのであれば意識して体を動かさなければなりません。

 

骨に対して上下から縦方向に刺激を与えると先端部が刺激され、細胞分裂を促進します。

 

中学生の間は特に成長ホルモンが活発に分泌されるので毎日のように体を動かしても大丈夫です。

 

長時間イスに座った生活や床に正座で座ったりすることは骨の成長にはマイナスになります。

 

ウエイトトレーニングなど重たい重量を使った運動は、中学生時代から取り組んでいると怪我につながることになるので絶対にやめたほうがいいですが、自分の体重を使ったトレーニングであれば十分に効果を発揮することができます。

 

体を動かしておかないと夜更かしにつながって生活も不規則になってきます。

 

日中はしっかりと体を動かし、適度に疲れた状態のほうが夜もしっかりと寝ることができて、生活も規則正しくなってくるかと思います。

 

 

寝る子は育つ!寝ている間の身長への影響

 

寝る子は育つと言いますが、骨を上下に長く伸ばす成長ホルモンは寝ている間に大量に分泌されます。

 

睡眠直後、1時間から2時間程度までが成長ホルモンが分泌されるピークで、その後は低下していき、起きる前に小さなピークが現われます。

 

睡眠状態には2種類あって深く、ぐっすりと眠るノンレム睡眠と夢を見ている間のような半分意識のある状態をレム睡眠と言います。

 

通常は1時間ほどでノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返しながら眠っています。

 

成長ホルモンが多く分泌されるのはノンレム睡眠の間になります。

 

短時間の睡眠でもしっかりと深く眠れば成長ホルモンはしっかりと分泌されているので大丈夫です。

 

身長の伸び方には個人差があり、小学生時代には大きかったのに、早くに成長が終わり背が低いまま15歳で伸びが停止してします早熟型。

 

18歳になっても身長が伸び続ける晩成型、その中間の標準型があります。

 

中学校に入学した時点で、周囲から身長が低くても、自分のタイプや自分の取り組みによって、中学校を卒業する時には身長が高い部類になっていることも珍しいことではないので、悲観的になることもなく、よく食べ、よく動き、よく寝る生活をつづけることが重要になってきます。

 

中高生応援サポート飲料【プラステンアップ】